GAS(GoogleAppScript)で .docx を GDoc に変換する方法

(例えば)formなどからアップロードされたり、GoogleDriveから開いたファイル、が、 Microsoft Word形式(.docx形式)である場合に、これを Google Doc に変換する方法について。

Blobの変換ではエラーになる

最初に考えるのはおそらくこのようなことだが、これはうまくいかない。

const blob = file.getBlob();  // これが、Microsoft Word(.docx)形式のblobだとする
blob.getAs(MimeType.GOOGLE_DOCS); // ここで「変換できない」エラー

wordからGoogle Docs形式には変換できない。 ちなみに、 - OPENDOCUMENT_TEXT : 変換できない - PLAIN_TEXT : 変換できない - PDF : OK! - ただし、PDFにしたあと、PLAIN_TEXTにできたりするわけではないので結局同じ

GoogleDriveへ格納するだけではやはり開けない

GoogleDriveへ格納すると、例えばブラウザからなら docx なんて注釈がつくものの開けるようになるので、いけるのでは…?ということで試すがこれもNG。

const blob = file.getBlob();
const new_file = DriveApp.getFolderById(...).createFile(blob);  // 作れるのは作れる
DocumentApp.openById(new_file.getId());   // 開けませんエラー

DocumentApp.openById ではdocxなドライブ上のファイルを開くことはできないようだ。

DriveV2 APIを使って、ファイル変換を明示的に行えばOK!

最終的には、以下のようにすれば、ドライブに保存する段階でGDoc形式で格納されるので、 DocumentApp からも開けるようになる。

const blob = file.getBlob();
const new_file = Drive.Files.insert({ title: blob.getName(), ... }, blob, { convert: true });
DocumentApp.openById(new_file.id);

{ convert: true } がキモ。なお、フォルダをちゃんと指定したい場合には第一引数のハッシュに parents: [{id: "KOKONI_ID_GA_HAIRU"}] と、parents指定を加えればOK。

Driveがundefinedだよ、というエラーが出た場合

gasで実行した場合に ‘Drive’が見つからない、というエラーが出ることがある。

これは、Apps Script画面上で、 ‘エディタ - サービス’ に DriveV2 APIを追加すればOK。結果として、以下のような画面になっていれば問題ない(逆になければ確実にエラーになると思われる)。

Driveをサービスに追加しよう

Share Comments
comments powered by Disqus